気になるマンション売却の方法を知ろう|入念に考える

逆の立場の確認が重要

握手

デメリットのない業者選び

仲介手数料無料の不動産業者を選ぶときのポイントとして自分と反対側の立場になったときにどのような対応が行われているかを確認することが大切です。仲介手数料がかからないと取引の際の費用を大幅に節約できますが、それが原因で取引にデメリットが生じてしまう場合もあります。デメリットが生じないような業者を選び出すことが仲介手数料無料で満足な取引をするために大切です。仲介手数料は業者にとっては収入源なので、片側を仲介手数料無料としたときには反対側から徴収しなければならないでしょう。それが不利にはたらいてしまうような仕組みになっていると取引相手が見つかりにくくなってしまうリスクがあります。賃貸の場合には貸主と借主に請求できる仲介手数料の上限が家賃一ヶ月分と定められていますが、現在では一般的に両者にその半分ずつを負担してもらっているでしょう。仲介手数料無料とすることによって貸主が一ヶ月分を負担しなければならないとなっている場合には貸主としてはその業者を利用したくないと考えてしまい、候補になる物件の数が減ってしまいます。一方、借主が一ヶ月分を払うというときにはなかなか借りてもらえない状況に陥るのです。売買の場合にはそれぞれに独立して請求できるので支障が生じることはあまりありませんが、逆の立場からすると仲介手数料を引き下げる交渉が行いにくくなる点には留意しなければなりません。その点を考慮して予め逆の立場での仲介手数料も安くしてあると安心できるでしょう。